なりたい自分になる。自分の人生の主人公になる。 そして、 大切な人の人生の味方になる。
コーチングのチカラ

友人関係

心躍る声のかけ方・かけられ方

みなさんは、どんな時にどんな風に声をかけられると嬉しいですか?みなさんの大切な人はどんな時にどんな風に声をかけられると嬉しいか知っていますか?思いがけず喜んでもらえたり、意外とリアクションが薄く「あれ?」っと思ったりしたことは誰もが経験のあることかもしれません。

ほめるのが苦手なあなたへ。

仕事の中でコミュニケーションセミナーをさせてもらうことが多いのですが、セミナーの場で決まってと言っていいほどいただくリクエストと質問が「もっと、ほめてほしい」というリクエストと「どうやってほめたらよいでしょう?」という質問です。

選ぶ自由・聞いてみたら見えるもの

2月より2018年度生募集スタートしました!資料もリニューアルが完了し、いよいよ新年度生募集開始です。新しい生徒さんと再受講の生徒さんを想像し、「どんな化学反応が起きるんだろう」とワクワクしています。コーチングアカデミーで学ぶことは知識を得ることでもありますが、出会いによっても変化・成長が促されるのです。

コーチをスキーに連れてって!

コーチングでみにつけたスキルや考え方は日常の様々な場面で役に立ちます。信州では、冬の楽しみ方の一つとして「ウィンタースポーツ」があります。私は、信州とのご縁が始まった30年前に、某映画をきっかけにスキーを始め、現在はコーチングのコーチだけでなく、小学生限定のスキースクールでスキーコーチを、冬シーズン中に何回か受け持っています。

出来事を経験に、経験を幸せに

あなたはいま。幸せですか?不幸せですか?「幸せ」と「不幸せ」をわけるたった一つの違いとは?私が「コーチングを学んでよかった。」と思うことのひとつとして、『人生の幸・不幸は出来事ではなくて捉える視点なんだ』ということがあります。

必要な人にお届けしたい!コーチング

コーチングアカデミーを長野県内でスタートした11年前。今でこそ、コーチングを耳にしたことがある方が増えてきましたが、当時は本当に知らない人がほとんどでした。こうしてたくさんの方にコーチングを知ってもらえて、感想やレポートを書いてくださるようになったこと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

嬉しいのにはワケがある!

2017年10月。コーチングアカデミーの長野・諏訪・塩尻校は基礎コース・実践コースの授業を終了しました。まもなく体得コースがスタートします。今年度の諏訪校では、教室の移転という大きな出来事がありました。その時の印象深い我が家のエピソードをコラムにさせていただきます。

相手目線で作る価値『楽しいの種』

諏訪校にて、恒例の花火見物会+焼肉におよばれしてきました。生徒さんと触れ合う機会あり、イベントが開催されることがとてもありがたいなぁとおもいます。良いアイディア・企画だと思いついたけれど実現しなかったという経験はありませんか?

「聞き方」で変わる関係性

多くの場合、人は自分が話すことについて、相手に「聞いて」もらい、共感してほしいと思っています。そのため、聞いてもらったと感じられないと、わかってもらえなかったという気持ちになります。わかってもらえないと相手との関係性に距離を作ってしまいます。生まれながらに聞き上手な人もいますが、大丈夫。聞き方はトレーニングで上手にすることもできます。

相手目線だからできること

よく言われる「相手の目線に立つ」ってどんなことなのでしょうか? 相手目線だからできること 近しい間柄だからこそ、その人の事が大切だからこそ、多くのことをしてあげたくなりますよね。 でもそれが時に「おせっかい」「余計なこと …

« 1 2 3 »
PAGETOP