なりたい自分になる。自分の人生の主人公になる。 そして、 大切な人の人生の味方になる。

コーチングのチカラ

  • HOME »
  • コーチングの力

前進するために、一人よりもコーチをつけて

気が付くと今年も7月(このコラムは2022年7月に掲載)、みなさんが年明けに立てた目標は順調に進んでいますか?かねてよりやりたいと思っていたこと、やらなきゃとおもっていることは結果に向かって少しずつでも進んでいますか?今回は「前進するために」をテーマにコラムにしました。 ・自分のことは自分で一番わかっている! ・自分のことなのに、自分がわからない・・・ 皆さんは日々の生活でこんなこと、耳にしたり思ったことはありませんか?

人は一人一人違う~快適な暮らしのリズム~

私がコーチングアカデミーで学び、コーチとして12年以上活動する中で、一番良かったと思っていること~それは「人は一人一人違う」ということを、おなかの底から「本当にそうだな」と受け止められるようになったことです。聞けば「そんなの当たり前じゃないか」と思うようなこと。そうなんです!本当にその通り『当たり前のこと』なのです。でも日常生活の中で、その『当たり前」は実は物凄い確率で『当たり前ではない』という状況が多いのではないでしょうか。

【開催報告】〜コーチングを学んだ人のリアル体験談2022〜

2022年4月16日コーチスクエア主催にて、コーチングアカデミーで学んだ卒業生による、体験談セミナーをオンライン開催いたしました。このイベントの企画・ファシリテータ―を務めました私(田中優美子)より、開催レポートお届けします。 ●人生後半を自分らしく生きる秘訣 今回のテーマは、「人生100年といわれるこれからの時代に、人生後半を自分らしく生きる秘訣。後半戦をよりよく生きるために、コーチングを学ぶとどんないいことがあるのか? 」と、いたしました。

「やる気」を沸かすために大切なこと!

新しい環境の中で、期待と不安に胸をふくらませて、新年度のスタートを切られて、ちょっと落ち着いてきて一息ついている方もいらっしゃるかもしれません。今回のコラムでは、そんな皆さんに少しでもお役に立てるお話ができたらなぁと思っています。さて、新年度のスタートから2ヶ月近くたった現在、「何かやる気がおきないなぁ」」と、何だか物事に取り組むのが億劫になっている方も実は多いのではないでしょうか?

認めあう・学びあう「違い」

コーチングの授業では、インストラクター が一方的にお伝えするということはありません。必ずワークを行い、ワークによって一人一人が体感することを大切にしています。そして、それと同じように大切にしているのが 伝え合う(シェアする)ということ。ワークを通して何を感じたかを伝え合います。ただし「言える範囲でOK」「言いたくないもOK」「答えがでない、何も浮かばないもOK」という原則があります。「今は言える状態にいない」「言いたくない」「答えがでない、何も浮かばない」もその人にとって大切な・・・

何度も読み返したい本

みなさんは、大人になって読書はしますか?なかなか忙しくって、あるいはスマホなどを使うようになったこともあり、本から離れているって人も少なくないのではないでしょうか?私もその1人。子どもが生まれたことで、なかなか1人の時間が取りにくくなり、さらには手軽に情報が手に入ったり、動画も見られるスマホがあったりすることで、じっくり紙をめくる(デジタルブックならスワイプする)必要がある本を読まなくなっていました。「でも、本当は本を読みたい。」・・・

人の心は揺らぐもの・揺らぐからこそ・・・

12年学んだ私が思うコーチングとは・・・コーチング(特にコーチングアカデミーのマスターコーチング)とは、自分らしい人生を送るための考え方を身につけることだと思っています。そして、現在私はインストラクターとして、どうすれば身につくかを私なりの考え方で3つのステップとしてお伝えしています。1.自分らしい人生を送るためにはどのような考え方があるのか?それを知識として知る。...

心の栄養カフェでお待ちしています

『あなたには周りにいつでも心おきなく話せる誰かがいますか?そんな場所や時間がありますか?』このところ私が、お話を聞かせていただくなかで感じることとして、『ひとりで抱え込んで、悩みや不安を大きくしている…そのような方も多くいらっしゃるのかな。』ということです。もちろん、周りにいつでも心おきなく話せる存在がいたら、それほど心強いことはありませんね。

できること、楽しめることは自分次第

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?我が家は、妻、二人の娘の4人暮らしで、賑やかに生活しております。4月からは、長女は小学校6年生、次女は小学校2年生になります。そんな二児の父である私は、この早や2年に及ぶコロナ禍において、ふと思ったことを今回のコラムではお届けできたらと思います。

夢中のチカラ “want to”

“推し”という言葉を聞いたことがありますか?推薦の“推”から想像すると分かりやすいかもしれません。元々はアイドル界やアニメ界などで使われていたようですが、最近では「特に好きなもの」を指すくらいの広い意味で使われています。

1 2 3 12 »
PAGETOP