新しい時代に〜望む未来を手に入れるヒント

平成がおわり、令和へと新しい時代がはじまりましたね。先日私(田中優美子)は、しばらくぶりに高校時代の友人と会いました。その時にも、「私たち昭和の人だと思っていたけれど、昭和が5分の2、平成が5分の3。だから、じつは平成時代の成分の方が多めなんだよね〜」というような会話で盛り上がりました。私たちは、ちょうど平成元年が20歳(年齢バレますね)新卒で就職したときでした。そこから、結婚、出産、子育て、再就職、…など。平成の時代は、あらゆるライフイベントや転機がどっと押し寄せました。そんな時代をあらためて振り返り、「私たちこれまでよくやってきたよねー。」とお互いをたっぷりとねぎらい合いました。

節目に振り返っていますか?

仕事や家事、子育てに忙しい毎日だと、ついつい目の前のことに精一杯で、立ち止まったり、振り返ったりという時間を持つことができなかったりというお話をよく聞きます。そうすると時折、何のために頑張っているのか?わからなくて虚しくなったり。頑張り続けているにも関わらず、もっともっと!と自分を奮い立たせ、頑張り続けて疲れてしまったり…。

皆さんはいかがでしょうか?

だからこそ、今回の平成から令和に代わる時代の節目や人生の節目には、振り返りの時間を意識して持っていただくことをおすすめします。そして、たっぷりとご自分をねぎらい、ここまでの成長を認めることが大事です。実は節目といっても意識しなければ単なる日常の連続でしかありません。ですので何かのイベントが起こったとき、私たちはそれを節目ととらえて振り返りのきっかけにしてもらうことが大切だと思っています。そしてその振り返りの時間は自分自身の気づきや成長につながります。もちろん、一人で振り返ることがむずかしいと思う方は、ご家族やお友達とワイワイ語り合いながらでも大丈夫です。または信頼できるコーチがあなたのパートナーとしてお役に立てる可能性があります。

ところで…「コーチ」って何ですか?

振り返りにコーチをと先ほど言いましたが、そもそも「コーチ」って何なのでしょうか?振り返りに、気づき成長にどんな関係があるのでしょうか?コーチと聞くと、スポーツのコーチを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?そのイメージから、厳しいの?はたまた指導・助言してくれる人なのか?あるいは何かを教えてくれる人なのか??そんな印象を持たれる方もいらっしゃいます。このコラムを読んでくださっている方は、すでに興味をお持ちくださり、本で読んだり講座で学んだりしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。色々な説明の仕方があるのですが、
コーチングアカデミーのコーチは、『その方が本当に望む人生を生きるために、1対1の対話を通して味方になり伴走していく人』です。
ですから、望む方向が見えている人には、そこに近づけるような行動づくりやモチベーションをサポートしながら背中を押します。うまくいった成果や過程を共に喜び、失敗や挫折からも学びを得ます。また、望む生き方がわからないと思われている方には、望む生き方が「ない」のではなく、いまはわからないだけ。答えは必ずあり、その人がその答えとベストなタイミングで出会えると信じて寄り添い、お話をお聞きします。このように、やりたいことや夢・目標がある。あるいは、やりたいことがわからなくてモヤモヤしている。いま抱えている課題や悩みを解決したい。など、一見すると全く別の入り口のようでも、

「本当はどうなりたい?」
「大切にしたいことは何ですか?」

という問いの答えが鍵となり、つながっていきます。答えはその方自身の中に必ずあること。そして、その方が本当に望む未来にたどり着けるということを信じて関わります。

私は実際にコーチングをしているクライアントさまから、このような感想をいただいています。
例えば…

  • コーチは鏡のような存在ですね。
  • 家族や友達に話せないことも、安心して話せました。
  • 言葉を拾って返してくれるので、気持ちや考えが整理できました。
  • 話をしたら、やる気が湧いてきました!
  • コーチに宣言したこと、行動できています。
  • などです。

    新しい時代をどう生きたいですか?

    皆さんの今までの人生を少し振返ってみてください。自分のこと(だけ)に集中して向かい合う時間をどのぐらいとってきたでしょうか?またそれをきちんと聞いてもらえる、一緒に寄り添ってくれる人ととの時間はどのぐらいあったでしょうか?話を聞いてもらっているつもりでもいつの間にか話題が変わったり、相手の方が話の主導権をにぎってしまったりということのほうが多いのではないでしょうか?コーチを付けている方の多くは、日常の中で自分のためだけに相手が話を聞いてくれたり、労ってくれたりという時間がいかに貴重で掛け替えのない時間かということを体感してくださっています。
    ご自分をたっぷりねぎらい、出来たこと・頑張ったことなど成長したことを丁寧に認めるとどうなるか?エネルギーが湧いてきます。すると、「あんなことやってみたい。出来たらいいな〜。」と、やりたいことも自然と湧き上がってくるはずです。そこで、あらためてご自分に問いかけてみましょう。

    「新しい時代に、挑戦したいことは何だろう?」

    その問いに、答えられた方も今は答えられなかった方も。あなたが望む方向に進んでいけるよう、コーチングアカデミーのコーチが精一杯サポートさせていただきます。

    この記事を書いたインストラクター

    田中優美子(インストラクター紹介ページへ)

    2019年度の授業いよいよ5月から開催!

    2019年度はあなたにとってどんな1年にしたいでしょうか?コーチングを学んで課題解決、成長につなげていきませんか?資料請求や個別の相談会も随時実施しています。お気軽にお問い合わせください。いよいよ、5月から今年度の授業が開催されます!ご検討中の方まだ間に合います。一度お話聞いてみませんか?

    また、春コーチも随時実施しています。まずはコーチングを様々な角度から体験してみませんか?
    春コーチについて