なりたい自分になる。自分の人生の主人公になる。 そして、 大切な人の人生の味方になる。

コーチングのチカラ

  • HOME »
  • コーチングのチカラ

必要な人にお届けしたい!コーチング

コーチングアカデミーを長野県内でスタートした12年前。今でこそ、コーチングを耳にしたことがある方が増えてきましたが、当時は本当に知らない人がほとんどでした。こうしてたくさんの方にコーチングを知ってもらえて、感想やレポートを書いてくださるようになったこと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

「私が相手にしてあげたかったことは?」という問いかけ

「子どもの(親から見たら)理不尽なリクエストにどうやってこたえるのか?」そんな問いのヒントになるコラムです。皆さんもお子さんと接しているときに、「こんなにしてあげたのに!」とか「またわがまま言って!」とか苛立ちを覚えたことはありませんか?

視野の広さで「幸せの先取り」を

ついつい、マイナス方向にばかり目が向いてしまう方へ、今の生活から少しだけ視点を変えることを意識するだけで感じ方が大きく変わるそんなことを感じていただくためのコラムです。コーチングでは「プラス思考・ポジティブ」のみではなく、「マイナスもプラスもどちらも見れる」=「視野の広さ」を目指します。

昼間にビールはアリですか?

同じ出来事なのに、ほっこりしたりイラっとしたり…。例えば、家の外から子どもたちの声が聞こえてきたと想像してください。『ほほえましいなぁ…』と感じる時もあれば、『うるさいなぁ…』と感じる時もある。感じ方が違うのはなぜでしょう?自分の心の余裕が違うからです。

父親が「プリ●ュア」を見る理由

二児の父である私が実践している子育てだけではなく、実はビジネスの人材育成にも役立つコラムです。「相手の気持ちになって考えなさい。」と言われることがあります。そんな時、まずは相手の気持ちに近づくために相手の世界をのぞきに行ってみてください。そこにはすごくたくさんの想いや情報が詰まっています。

相手の味方になる「極意」とは?

コーチングアカデミーでは、「マスターコーチング」という「自分の人生の主人公になる」ためのコーチングを授業でお届けしています。そして、そのマスターコーチングのエッセンスをふんだんに盛り込んで作られた体験型のワークショップが始まりました。その名も「味方学ワークショップ」。

忙しい時こそ優先度を間違えないように

3 つのイベントが重なった!あなたならどうしますか? 私はコーチングの講師とは別に英会話講師もさせていただいております。毎年10月はハロウィンイベントに大半の時間を費やします。落ち着く11月に子どもと遊びに出かけたり、学びに行こうと計画してみたりとそうこうしていたら、 3 つのイベントが重なってしまいました。

やりたいこととやるべきことのリスト化を

このことを学ぶ前までは、「やるべきことのリスト化」とは順位づけ」だと思っていました。学んだ今はやるべきことのリスト化以外の順位づけしていくことも重要だと思い行動に繋げています。 さて、「やるべきことのリスト化」のほかのもう一つのリスト化はどんなものだと思いますか?

嬉しいのにはワケがある!

2017年10月。コーチングアカデミーの長野・諏訪・塩尻校は基礎コース・実践コースの授業を終了しました。まもなく体得コースがスタートします。今年度の諏訪校では、教室の移転という大きな出来事がありました。その時の印象深い我が家のエピソードをコラムにさせていただきます。

ユーモアとコーチングと私 -その1-

ご家庭で、子育で、お仕事で、様々なシーンで、ユーモアを意識して笑顔の時間がふえますように。「楽しくなければコーチングじゃない。」コーチングをぜひ日常に。「学校行きたくない」って言われたら?先日のわが家の実話です。

1 2 3 »
PAGETOP